検索
  • USK Hawaii Golf Academy

Hawaii State Amateur championship


3月に入り、3/11-14「Hawaii State Amateur championship」が開催されました


参加資格者はアマチュアハワイ州ゴルフ協会メンバーHC 10.0以下 * 2021年3月1日現在:


leilefua Golf clubにて開催されました。








4日間競技の中、初日、後半から豪雨になり、雷が発生したことから中止となりました。

スコアはノーカウントになり、翌日再カウントになりました。


2日目も豪雨・・・・☂☂☂☂散々な中でのプレイ。


グリーン上は池のようになっていましたΣ(・□・;)

雨風がひどく、傘の役目もなく・・そんな環境でも最後までプレーを続行しました。


この大会はworld amateru golf ranking摘要の大会ですが、最後までプレーするのがやっとといった状況下でした。


お疲れ様でした。


ハワイ・ステート・アマチュアの歴史


ハワイ・ステート・アマチュア・ストローク・プレイ・チャンピオンシップは、現在ハワイで行われている72ホールのエリート・アマチュア・トーナメントの最後の大会です。

そのルーツは、1928年に始まったアサートンカップにあります。1928年に始まったアサートンカップは、当時、ハワイ準州アマチュア・メダルプレー選手権として知られ、ワイアラエ・カントリークラブで開催されました。この選手権には、ハワイ準州の優秀なアマチュアゴルファーが集まり、1949年まで開催されました。1950年から63年までは、アマチュアのストロークプレー選手権はありませんでした。1964年、アーサー・"ベーブ"・カーターは、ワイアラエ・カントリークラブで第1回ハワイ州アマチュア・ストロークプレー選手権を発足させ、1986年まで開催しました。

1984年には、ハワイ州ゴルフ協会(HSGA)が設立され、USGAからハワイのアマチュアゴルフの代表団体として認められ、それ以来、ハワイ州アマチュア・ストロークプレイ選手権を運営しています。

1987年には、より多くの選手の受け入れを可能にするため、移転しました。ワイアラエがプライベートクラブであったために出場者が限られていたが、会場を変更することで2倍の人数が出場できるようになった。現在、州内のトップアマチュアや、日本からの特別免除選手が参加しています。

この大会では、PGAツアーのような72ホールのチャレンジングなコンディションの中で、プレーヤーのゲームのあらゆる側面が試されます。ハワイ州アマチュア・ストロークプレイ・チャンピオンになると、ハワイの偉大なゴルファーの一人として名を連ねることができるというプレッシャーに耐えなければなりません。

過去の優勝者の多くは、国内外のトーナメントで成功を収めています


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示